一服道


カリスマ主婦を夢見て、仕事や子育て、投資、ファッションやダイエット(^^;などの迷走日記。
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
<< パークゴルフをしてみました(^^。 | main | オール電化マンションに一度だけ住みました。電気代が・・・ >>

ダウニー柔軟剤

ダウニー柔軟剤を最近つかっています。
柔軟剤を使うことがあまりなかったのですが、ダウニー柔軟剤を使ってからは柔軟剤にはまっています(^^;

以前はまとめて、「えいやー」と大量に洗濯物を一度に洗っていましたが、最近は小まめに少量でも洗濯をしています。洗濯の回数が増えました。


「ダウニー柔軟剤」は衣料を「フワ、フワッ!」と極めて柔らかく洗い上げ、さらに嫌な匂いを完全に消しさり「フンワーリッ!!」「フンワーリッ!!」とした超かぐわしい香りを与える柔軟剤です。日本語で説明するのは難しいですね(^^;


合成洗剤で洗濯すると汚れは良く落ちるのですが、どうしても「ゴワゴワ」した感じになるのは否めませんそのため近年ようやく「ダウニー柔軟剤」のような柔軟剤の効果と必要性が認められれてきたのか、柔軟剤の製品が増えてきました。


そもそも柔軟剤の主成分は陽イオン性界面活性剤で、洗浄効果はほとんどないけれども、繊維を柔軟に仕上げるのと同時に、強い抗菌作用と帯電防止効果が期待できるもので、「ダウニー柔軟剤」がこの期待にこたえるらしく、薬局の宣伝文句で良くそれらのフレーズを見かけます。


また近年天日乾燥することがだんだん困難になり、室内乾燥に頼る人々が多くなったため、洗濯衣料の悪臭防止のため、国産柔軟剤も香料入りのものが各種発売されだしているなか、アメリカ生まれの「ダウニー柔軟剤」が大いに評判を呼んでいるようです。


この「ダウニー柔軟剤」は流石に米国製だけあって、体臭の少ない日本人と異なる外人の非常に強い体臭の防止をねらって強い香料をよく効かせているのが特徴です。

そのため「ダウニー柔軟剤」は日本製の柔軟剤とは桁違いの芳香が漂います。またその柔軟効果も極めてすぐれた「ダウニー柔軟剤」ですが、最近まではなかなか手に入り難いといわれた商品でしたが、近年では地方都市のドラッグストアでも「ダウニー柔軟剤」が見かけられるようになりました。


個人的には匂いがちょっとキツイ感じがしますが、柔軟剤のメリットに負けて、使っています(^^;
powerd by 楽や
住宅・ライフスタイル | comments(1) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | - | -

この記事に対するコメント

管理者の承認待ちコメントです。
- | 2009/12/28 11:33 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://11mama.jugem.jp/trackback/33
この記事に対するトラックバック