一服道


カリスマ主婦を夢見て、仕事や子育て、投資、ファッションやダイエット(^^;などの迷走日記。
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
<< ダウニー柔軟剤 | main | 結露対策 エアコンを使わない日が増えました >>

オール電化マンションに一度だけ住みました。電気代が・・・

オール電化に憧れて、一度だけオール電化のマンションに住んだ事があります。
独身時代の一人暮らしの時だったのですが、新築マンションだったので、思い切って入居することに。

なぜか、オール電化と言う言葉に惹かれてしまって、スグに申し込んでしまいました(^^;
人気のためか、入居は抽選になりました。
一人暮らし用のマンションだったので、抽選になるとは思いませんでしたけど(^^;
運良く第二希望のお部屋に住めました。


オール電化のマンションを体験してみると、色々と不慣れな点が・・・
魚が網焼きできなかったので、魚グリル器を買うことに。
持っていた土鍋がオール電化で使えなかったので、コンロを買うことに(^^;


鍋とかもオール電化用の器具に買い換えることにしました。
結婚してからはオール電化住宅には住んでいないのですが、今後の事を考えてまたオール電化に住むか悩みどころです・・・


最近ではご存知のように新築住宅で人気のオール電化住宅ですがリフォームでも検討する人が増えているようです。様々な動機でオール電化リフォームをされていますが、年配の方を中心に裸火が出ないので火災の心配が少ない事やボイラーの燃焼音や臭いが無いことを理由に挙げている方が多いようです。


IHクッキングヒーター、電気温水器、エコキュート、暖房もエアコン・床暖房や、寒冷地では蓄熱暖房器・電気ボイラーなど用途に合わせて機器も揃っていますので選ぶ楽しみにも事欠きません。



人気の理由を整理しますと、オール電化住宅は調理・冷暖房・給湯・融雪など、家庭で使うエネルギーすべてを電気で全て賄うため
■1、裸火がないので、火傷や不完全燃焼の心配が少なく、火災の危険性が少ないということ。
■2、機器は操作が簡単で、故障が少なく丈夫なのでメンテナンスが少なく済むこと。
■3、灯油のような燃料補給が不要でラクチンということ等が挙げられます。



設備の導入コストはガスや灯油の方が安くつきますが機器の寿命が永い事や、割安な深夜電力契約を利用するとランニングコストが抑えられる事が長い目で見ると、お得だと考える人が増えているようです。


電化リフォーム導入に当たって意外と知られていないのが200Vの電気工事が必要な事です。通常の電灯や家電は100Vですがオール電化の機器は短時間にハイパワーの出力を必要とするため全て200V仕様になっています。


200Vの電気を引き込むためには別途、容量を増やすため幹線を太くする工事が必ず必要になります。費用は10数万程度の工事ですが事前に覚えておくと見積を見て慌てなくて済みます。


戸建住宅では心配ありませんがマンションの場合、200Vの電気工事が難しい場合もありますので建築会社や電気工事店に確認しておくとよいみたいです。


電気温水器や蓄熱暖房器は既存の建物に床補強が必要になる場合がありますので、これも併せて覚えておくと良いでしょう。


調理・冷暖房・給湯全てを工事せずに、必要な部分だけを電化にする事も可能です。ガスのかけっぱなしが心配だからキッチンをIHクッキングヒーターにする、ボイラーが寿命だし音や臭いが気になるから電気温水器にする、子供部屋に冷暖房エアコンを追加するなど予算や緊急性で選ぶ人達もいます。


全部をいっぺんに変更するのも良いですが200Vの電気工事を済ませておけば、段階を踏んで徐々に変えていく事も可能です。


一度オール電化の良い点と悪い点を経験しているので、色々と思案中です。
一人暮らしのときに一番ビックリしたことは、オール電化の電気代です・・・
始めは1ヶ月に1万円にいかないくらいで安かったのですが、電気代に気にせずに冬に暖房やお風呂の追い炊きで使用していたら、電気代が1ヶ月に30000円近くになりました(・_・;)


一人暮らしなのに・・・


その次の月は、流石に意識して減らしたので、2万円になりました。
浴室乾燥機を使用する頻度や時間によって、電気代がかなり変わる感じでした。
仕事に言っている間に浴室乾燥機は使わない方が電気代はかなり安かったです。
powerd by 楽や
住宅・ライフスタイル | comments(1) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | - | -

この記事に対するコメント

管理者の承認待ちコメントです。
- | 2009/10/14 7:58 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://11mama.jugem.jp/trackback/34
この記事に対するトラックバック